池内皮膚科クリニック TEL/04-7184-3525 JR常磐線我孫子駅徒歩2分
ごあいさつ 診察のご案内 アトピー性皮膚炎について 主な疾患 クリニックのご案内 交通のご案内
アトピー性皮膚炎
主な湿疹・皮膚炎
接触皮膚炎
じんましん
紫外線と皮膚障害
顔のしみ
伝染性軟属腫(水いぼ)
局所性多汗症
口腔アレルギー症候群
石鹸について
巻き爪
しみのレーザー治療
エキシマ紫外線療法(ターゲット型光線療法)
皮膚の学校感染症について
 
 

エキシマライトとはキセノンクロライド光源を用いた波長308±2nmの単色光を高出力で発生するターゲット型UVB治療器のことで、種々の皮膚疾患を治療するものであり、対象疾患として以下のものがあります。
 
 
 

1.尋常性乾癬、類乾癬
2.尋常性白斑
3.アトピー性皮膚炎
4.掌蹠膿疱症
5.菌状息肉症
6.皮膚T細胞リンパ腫(悪性リンパ腫)
7.慢性苔癬状粃糠疹

また、上記以外に円形脱毛症、結節性痒疹、扁平苔癬、アミロイド苔癬などにも効果があります。光線治療の作用機序として、皮膚に浸潤している活性化した免疫担当細胞(Tリンパ球)のアポトーシス誘導や制御性T細胞の誘導(免疫抑制)が考えられています。

従来の光線療法の主役のナローバンドUVB療法と比較したエキシマライト療法の意義は、従来の全身型光線療法のような広範囲の、特に非病変部位(健常部皮膚)への紫外線暴露を回避することによって、皮膚がん、光老化のリスクを低くすることや、照射回数を少なくできることです。同時に高い光強度での照射のため、深部病変にも有効性を発揮できます。また寛解期間(治療後の皮疹の抑制されている期間)が長いことも特徴のひとつです。


Q1 保険診療ですか?
A1はい、保険診療です。上記1〜7以外の円形脱毛症でも保険診療可能です。

Q2 治療回数と治療はどのくらいですか?
A2疾患の症状の度合いにより異なります。時間は数分〜10分程度です。

Q3 治療中の痛みはありますか?
A3治療当日は照射部位の赤みが少し出ますが、痛みはほとんどありません。

Q4 具体的にどのような形で効果現れるのですか?
A4アトピー性皮膚炎では痒みの改善、尋常性白斑では色素の回復、尋常性乾癬では紅斑の改善、カサカサの軽減などの効果が認められています。